英英辞典でもわからなかったら英和辞書を使おうと思ったわけ

うーん。

海外ドラマの「アリー・my・ラブ」のディクテーションをし、答え合わせをしてほぼ毎日ブツブツ呟いてますが。。。

悶々とする事が。。。

それはズバリ。。。

「やっぱり、時と場合によっては英単語は英和辞典を使った方がいいんじゃない?」

という事。

要は、普通に「日本語を介して英語を勉強してもいいよね?」と。

英和辞典(日本語)はやっぱり必要だと思いました!!

考えてみれば当たり前かも。。。

英語初心者ですがこのブログのタイトルである「バイリンガル」という事をよくよく考えて見ると、英語だけではなく、もう一つの言語も話せるという事ですよね?

で、その「もう一つの言語」とは。。。「日本語」ですよね。。。

それならば、「英単語の意味」、「ある英語の文章」、「ある英会話」は全て「英語」でも「日本語」でもわかっている事が当たり前。。。

いやいや。。。実は、「アリー・my・ラブ」で知らない英語が出てきた時に英英辞典だけで調べました。

例えば、以前ブログに書いたのですが例えばこの「summons」という単語。
英英辞書では、以下のように説明がありました。

一応、「英語の説明」「英語の例文」はわかりました。
ただ「日本語では何ていうのかしら?」という疑問が湧きました。

「呼び出し」。。。もっとフォーマルな、法廷ドラマに相応しい言い方だと何だろう?とか。

結局調べて「召喚する」と知って「ああ、そうだった〜」と言う感じ。

  • summons(noun)。。。

an official order saying that you must go to a court of law

  • summon(verb)。。。

formal to officially order someone to come to a place.

今日の英語sdudyメニューは。。。 海外ドラマ「アリー・my・ラブ」のディクテーションの答え合わせ! 待ちに待った答え...

それから、医療ドラマや、サスペンス、ニュースもそうですが、「専門用語」だったり、そうでなくても「日本語ですら知らない言葉」の場合、英語で説明されても「なんとなくわかるけれど、、、結局その病名はなんだろう?」と悶々とします。

「英語脳」を作るんだから、「日本語では何て言うんだろう」と思う事すらナンセンス!と言う方もいるかもしれませんが、結局ビジネスなんかで英語を訳さないといけない時などもあると思いますし。。。

何より私は日本人なので、日本語でも知らない言葉は知る必要があります。
そして、それがバイリンガルでしょう!と。

それにその方が早い!!

英語の説明がわからないものは英和辞典で調べて、その後また英英辞典を引く。

手間かもしれないけれど、英英辞典を読むのも「勉強」ではなく「読書」と思えば何回引いても飽きないです。

むしろ「へえ。。。こんな風に説明するのね」と言う感じで面白いです。

で、英英辞典だけでわかるものはわざわざ英和辞典を引かなくてもよく、わからないものだけ、先に英和辞典を引き、その後に英英辞典でもう一度チェック!

こんな流れにしようと思います。

気張らず、楽しく、淡々と。

日本語にうまく当てはまらない英単語があるのは当たり前。

その事さえ知っていれば、和英辞典でサクっと調べて、スッキリした後に英語ネイティブの頭を覗く意味でもニュアンスをしっかり把握するために再度、英英辞典を引けばいいかな〜と思いました。

結局、英英辞典で意味がわかっても、普通に「あ、〇〇って意味ね」なんて日本語で思っている自分がいます。ごく自然に(笑)

それから英和だろうと、英英辞典だろうとオンライン辞書でも、電子辞書でも何でもよくて、とにかくサクッと。

ルールとしては英英辞典を引くことは必ずしてます。

その後は、同じ単語に出会えば、それこそいちいち「日本語に訳す」と言う事は頭の中ではしてない気がします。

本当に試行錯誤〜。

※この本を後からよく読んだら「ビジネスで英語を使っている方」は和英辞書もOKと書いてました。また「専門用語」はイメージできないからわからないとも。

なので、「頑張らないで」場合によっては英和辞書もサクッと使います(というかネットでこの場合は検索します。)

この本は本当におすすめです!

関連記事

今日の英語の勉強<1>ーヒアリングとディクテーション

今日の英語の勉強<4>-「アリー・my・ラブ」と「4000 Essential ...

海外ドラマのセリフの覚え方を試行錯誤した結果、石渡誠さんの方法で

英語多読⑥「Robin Hood」他。

今日の英語の勉強<2>ーヒアリングとディクテーション

【英語の語源】「cre」と「cru」の意味は?