科学的に証明された!大人からでも英語脳になれる

やっぱり!

と言う感じです。

何が?

ブログタイトルにあるように「大人になっても英語脳が作れる」という事が本当だったんだ!という事です。

大人になっても英語脳になる事が実験により証明された!

これを発表したのは、脳神経外科医であり、日本医学英語教育学名誉理事でもある植村研一氏なのです。

発表されるにあたり実験をされており、しっかりと根拠を示されてます。

どんな実験だったの?

さて実験ですが、以下のように行ったようです。

被験者

・バイリンガルの植村研一氏 本人。

・英語の読み書きはできるが、留学経験もなく英会話が出来ない医師。

方法

「バイリンガル」「バイリンガルでも、ネイティブでも無い医師」、2人の被験者に日本語と英語を聞かせ、ウエルニッケ感覚言語野のどの部分の血流が活性化するのかをMRIを使ってチェックする。

・NHKの日本語ニュースを聞かせる。

・CNNの英語のニュースを聞かせる。

結果

「バイリンガルの植村氏」は、「英語を聴く時」と、「日本語を聴く時」とウエルニッケ感覚性言語野の前後にそれぞれ反応があった。英語を聴く時はウエルニッケ感覚性言語野の、日本語を聴く時はウエルニッケ感覚性言語野の後ろが活性化した。

「バイリンガルでもネイティブでも無い医師」は、日本語を聞いても英語を聞いてもウエルニッケ感覚性言語野の同じ部分が活性化していた。

「バイリンガルでもネイティブでも無い医師」は、英語を聞いても日本語野が活性化されるために英語がわからなかった。

・「バイリンガルの植村氏」は、日本語中枢以外に英語に触れてきた事により、別に英語中枢ができて英語野が形成されている事が証明された。

植村氏は子供の頃からアメリカ人の子供と遊んでたようです。その後、留学経験されたとの事。

本人曰く、自然に子供の頃から読み書きよりも会話をしてきた。。。要は耳から音声を聞き取っていたという事。

植村氏の論文より参照

つまり。。。

私達でも、まずは英語を耳から聴いてウエルニッケ感覚性言語野に英語言語野を独立して作ればいいという事。

事実、植村氏は「英文法」と「英文和訳」を中心とした教育ではなく、聞き取り訓練の重要性を論文で説かれてます。

そして何より、「外国語を習得するのに何歳から始めても決して遅くない!」と断言されているのです。

植村氏は60歳を過ぎてから多くの言語を習得した!

なんと、植村氏は60歳を過ぎてから英語以外の様々な言語を習得されてます。

習得方法はやはり聴き取りを中心で、その後に文法をチェックという繰り返しのようです。

その他の習得言語は。。。

英語/ドイツ語/フランス語/トルコ語/朝鮮語/中国語/オランダ語/イタリア語/スペイン語/ロシア語/ポーランド語/ブルガリア語 他。

凄いです!

とにかく、いくつになっても外国語野を別に作れば、外国語を理解できるという事がわかってとても希望が持てました!

俄然、英語の習得に身が入ります!

いや、楽しめます!

植村氏の論文はこちらでチェックできます!

植村氏が推奨する英語習得のヒントも載ってますよ。

関連記事

バイリンガル(英語脳)になるために日本語訳をしないと思ったわけ

今年から本気で独学でバイリンガルになる勉強開始するよ!

英語多読⑦The Jaguar's Jewel &英語で呟き。

①初心者用オススメ英英辞典OXFORD PICTURE DICTIONARY

オススメ英語勉強法!大人からでも独学で楽しみながら英語脳になる

独学でフォニックスやってます!英語のリスニング&スペルにオススメ