英語多読③「An Important Case」「The Den」とAlly my Loveのディクテーション。

今日の英語sdudyメニューは。。。

  • 通勤時間には、アリー・マイ・ラブをヒアリング。
  • アリー・マイ・ラブのディクテーションを1時間。
  • 英英辞書の読書とオックスフォードシリーズのreadingを1時間。
  • 帰宅の電車の中ではフォニックスのCDをヒアリング。

An Important Case

「An Important Case」のストーリーはbushからcaseを見つけたところから始まります。

中身な何だったのかな?

 

ここでは以下のフレーズがよく使われてました。

It looks very important.

私が個人的に気になったのは、何が中に入っているかを皆んながそれぞれ気になっている中で、こんな表現がありました。

What can be in it ?

表現の一つにしか過ぎないですが、「何が入っているのかな?」というフレーズ以外にこういうフレーズもあったのがちょっと新鮮でした。

それからbushも。。。

 a bush 

と最初に出てきたときに「a」がつくのね。。。と。

The Den

「The Den」のストーリーは、子供達が stream辺りに居て「Den」を作るところから始まります。

色々とあって、「Den」から出る事になったのですが、しばらくして「Den」に戻ったら???

この本では特に気になったフレーズは無かったけれど、知らない単語だったり、知っていたけれど、私が知っている意味とは違うものもありました。

  • 知らなかった単語
    「den」
  • 他の意味を知った単語
    「straw」

英英辞書で「den」を引くと。。。

「den」は。。。

  • ANIMAL’S HOME
    the home of some wild animals.
    ex)
    a lion’s den
  • ILLEGALS ACTIVITY
    a place where secret and illegal activity happens.
    ex)
    a gambling den
  • ROOM(mainly US)
    a room in your home where you relax, read, watch television ,etc.

「straw」は。。。

  • the long, dried stems of plants such as wheat(=plant for grain ), often given to animals for sleeping on and eating 
    ex)
    a straw hat
  • a thin plastic or paper tube that you use for drinking throughその他にも説明がありました。

 by CAMBRIDGE learner’s dictionaryより。

Tug of war

「Tug of war」のストーリーは、もうこの表紙のイラスト通り!

結果は??

そしてその勝因は?
この本のタイトル「Tug of War」を知りませんでした。

「tug of war」とは。。。

a type of sport in which two teams show their strength by pulling against each other at the opposite ends of a rope, and each team tries to pull the other over aline on the ground

by the Cambridge English Dictionary onlineより。

アリー・my・ラブのディクテーションを引き続き

あとは、「アリー・my・ラブ」のディクテーションをまた新しいエピソードでやり始めました。

ノートの写真を。。。と思いましたが異常に汚いので閉じた写真で(笑)

とにかくこの「アリー・my・ラブ」のセリフは全般的に早いので、悔しいけどスローにするときもあります。

もちろん、ヒアリングの段階では更にハイスピードにしたり、スローにしたりと色々ですが、相当聞き込んだ後でも、ディクテーションになると、聴き取れるとはいえ、まだまだ。。。

本当に細かいところは難しい!

とにかく地味で面倒ですが、ディクテーションは聴き取れていたと思っていたところが、まだ十分に聴き取れてなかったという気づきがありますから、非常に良いと思います。

「1時間」の中で何度もレコーダーを止めたりしながら書き取るので、初心者の私はだいたい、6分〜10分くらいまでの進み具合。

1週間で1話をディクテーションするというスケジュールでやってます。

おそーい!

でも、とにかく「コツコツ」です。

「英語の多読」「英英辞書を読む」「フォニックス」「ディクテーション」「書き終わったらブツブツとセリフを呟く」。。。

これを満遍なく「1日の中で約2時間+通勤時間約1時間(往復」でやっている感じです。

もちろん、場合によっては1、2個この中から省く時もありますが。。。

まずはコツコツ!

「フォニックス」「英語の多読」は絶対にやってます。

関連記事

英語多読⑦The Jaguar's Jewel &英語で呟き。

マクミラン英英辞典はオススメです。なんか好き(笑い)

今日の英語の勉強<2>ーヒアリングとディクテーション

英英辞典でもわからなかったら英和辞書を使おうと思ったわけ

英文や英単語に出会うため洋書の多読を再開!

英語のリスニングは3つの能力を別々に鍛えないとダメみたい!