オススメ英語勉強法!大人からでも独学で楽しみながら英語脳になる

さて、今日は改めて私の「赤ちゃんが言葉を覚えていくように英語を話せるようになりたい」という思いを後押ししてくれた本や、動画、ブログサイトなどをまとめて紹介したいと思います。

ちなみにこの記事を書いている今、youtubeで英語のドラマを聴いてます。聴き取れますよ!

英英辞書を初心者から使う事を後押ししてくれたサイト!

この2つのサイトを見つけたキッカケは英単語の本を買ったはいいけれど、どんなに色々とオススメされた本でも、何故かしっくり来なくて「英単語ボヘミアン」を繰り返していたので、「やっぱり英英辞書一冊をしっかり読んだらいいんじゃないかな?」と考えた時に確か、「英英辞書 暗記」とか「英英辞書を読む」などのキーワードで検索した時にヒットしたと思います。

実はこの2つサイトでは「英英辞書の暗記」を推奨してます。

なので、私が「暗記しない」と言っている事と全く反対ですが、「英英辞書」を使うという点で一致しています。

また、現在、私は「暗記」を一生懸命するのが脳のキャパシティ的に本当に無理なのです。というのも、他にも習い事をしていて、むしろその方で頭がいっぱいという事実があります。
そちらで暗記することがいっぱい。。。

また、私たち日本人が日本語を覚える時に暗記をしてこなかったわけですから、むしろ無理にその場で暗記をするというよりも、その英単語に「出会う回数を増やす」という機会作りを工夫していきたいと思います。
それが、ひいては暗記と同様になると考えるからです。

「みんなの英語ひろば」の方も確か、「アンチ・バベルの塔(The Tower of Anti-Babel)」をチェックされて刺激を受けたと書いてあったと思います。こちらも暗記派ですね。

とにかく、暗記に挑戦したい!と思うなら暗記をされたらいいと思いますよ〜。

本質は英英辞書を使って早いうちから慣れる!という事と、アレコレと単語帳を買い揃えなくても英英辞書を1冊じっくりと暗記、もしくは何度も読むといいですよ。。。という事です。

「英英辞書を使おう!」と決めたら、次は「ネイティヴ向けの英英辞書が良いか?」、「学習者向けが良いか?」という議論になると思いますが、どうせなら、いずれ使うでしょうから、最初から「ネイティヴ向け」が良いと個人的には思います。

そして、「イラスト入りのネイティヴの児童向け英英辞書」と、「普通レベルの英英辞書」の両方を持っていればいいのでは? と考えます。

とは言うものの。。。私が今使っている普通レベルの英英辞書は。。。学習者向けかな? 以前から持っていたので取り敢えず買い替えず、持っているものをフル活用しようと考えて使っています。

前回、「①初心者用オススメ英英辞典 Oxford Picture Dictionary」を紹介しました。 とても楽しい英英辞典だと思います...
「英英辞典を初心者から使った方がいいです!」などとブログで書いてきましたが、それではどんな英英辞書が「初心者」いや、「超初心者」には良いのでしょ...

暗記をしないで英英辞書を何度も読もう! と思えた本

立ち読みでしたが(本屋さん、すみません。。。)これは参考になりました。

因みに、この本は別に暗記を否定はしてないです。

  • 山口真由著「東大主席弁護士が教える7回読み勉強法」

英語に限らず、1冊の教科書や参考書などを何度も繰り返し勉強している方は多いと思います。

英語であれば1冊の英単語帳を何度も何度も繰り返して勉強する。

要はこの事です。

ただ、私はその際に、毎回「暗記しよう!」という気合は入れずに、「『読み物』として読む!」という事にしてます。

そして、その対象物は「英単語帳」ではなく「英英辞書」「洋書」というだけです。

上記のブログのように単語帳に写していくのもいいのですが、その時間が私には無く、重くても1冊の英英辞書を鞄に入れ、早朝カフェや会社で読むか、自宅で気が向いた時に読む。。。という事をしてます。

Amazon.co.jpアソシエイト

日本語を介さないで英語に触れ、英語脳を作ろうと後押ししてくれた本!

  • 松本 亨 著書「英語で考えるには  〜そのヒケツと練習〜」
  • 石渡 誠 著書「英語を本気でモノにするための「学習法」」(kindle版のみ)
  • 齋藤 兼司 著書「留学しないで英語の頭をつくる方法」

松本亨 著書「英語で考えるには 〜そのヒケツと練習〜」は、「練習」とタイトルにあるように問題集です。

ですが、「英語を英語で理解する」ことの重要性を強く説かれており、単なる問題集ではなく、どう考えるのかを懇切丁寧に説明されています。

この著書は「英語で考える本」を出版された後、読者よりexerciseが欲しいという声があり、出版されたようです。

1974年の著書。 松本亨氏はこの時、60歳だったようです。

私の主張は、初めから全く変わっていない。英語は英語で教えよ。英語をやるなら英語で考えるようになれ。英語を話せない者は、英語を教えてはいけない。英語のいみは音にある。この本は、読者が英語で考えるための助けになるように書いたものである。

「英語で考えるには 〜そのヒケツと練習〜」の 〜はしがき〜 より一部抜粋

松本亨氏の教材は色褪せる事なく、現在でも書店に行けば置いてあります。昔からず〜とある教材らしく、流行り廃りに関係なく、一部ではあるものの販売され続けているのはそれだけ信用される教材という事でしょう。

TOEIC高得点の方が松本亨氏の著書について、「例題は古いけれど素晴らしい内容だ」と書いてあるブログを見つけることがあります。

とにかく日本語を介さずに英語を英語のままで理解する事を口酸っぱく説かれています。

また、洋書などに触れる際も、いきなり難しいのから読まずに易しい内容の本を読み「速読」をし、それが多読に繋がるとも書かれています。

この本をキッカケに色々と松本氏の著書は読みました。

 「英語の達人」が「英語で考えろ!」と言うのだから間違いない! さて、英語初心者の私ですが「英文を読むとき」「英語のラジオを聴くとき」「海外の...

また松本亨氏は、当時大統領だった「ケネディ大統領のスピーチ」を暗唱する大切さを説かれ、その他、松本亨氏自身が書かれた小説も生徒に暗唱させたようです。

もちろん、音声を聴きます。当時はカセットテープ。

この暗唱する時のポイントは以下の通り。

  • 意味はわからくてもいい。
  • 音声はきちんと聴く。
  • 発音はもちろん、ケネディ大統領のスピーチの抑揚、目線、など雰囲気も真似る事。

私は、とりあえず偉人のスピーチの暗唱もいいのですが、映画やドラマのセリフをブツブツ呟いて自然に覚えるようにしたいと思います。

また、ルーサー・キング牧師のスピーチは何度聞いても泣けるので、彼のスピーチは暗唱したいと思います。

今は、オバマ元大統領や、スティーヴ・ジョブズのスピーチの本も出版されてますから、参考になると思います。

次に紹介する石渡誠の著書「英語を本気でモノにするための「学習法」」(kindle版のみ)と、動画で更に、松本亨氏が説かれていた「英語を英語のまま理解する」と言う考えが正しいと腑に落ちました。

何故なら、実際に松本亨氏に直接師事されて英語が話せるようになり、今では英語学校を経営されている方のため、説得力が違います。

石渡誠氏を知ったのは、松本亨氏の著書に出会い、松本亨氏の事を更に色々と調べた時に石渡氏のインタビュー記事を見つけたのが最初です。

直接、松本亨氏に英語を習われた方のインタビューという事で何度も読み返し、その後に石渡誠氏の著書を購入して熟読しました。(kindle版のみ)

やはり、松本亨氏の授業は英語を介さない授業だったようで、「英文解釈のための英文法」は習わなかったとの事。

実際にケネディ大統領のスピーチを暗唱されたり、日本語を介さない授業を受けられ、最初から英英辞書を使う事の大切さを身を以て経験されているので、その過程も詳しく載っているこの著書は非常に参考になると思います。

ただ1点、実は当時の私には、松本亨氏、石渡誠氏それぞれの著書に書かれているケネディ大統領のスピーチや、様々な文章を「意味がわからなくても、とにかく暗唱する」という事がそんなに効果ある事なのか、少し疑問が残りました。

が、これも石渡誠氏の動画を見て「なるほど〜」と納得しました。

以下、石渡誠氏の参考になる動画のタイトルをお知らせしますね。

公式サイトでは無いようなのでこちらに貼れず、リンクも飛ばせませんので、どうぞ検索してチェックしてみて下さい。

youtubeで下の動画タイトルと石渡誠氏の名前で検索して見て下さいね。

  • 「1年目に覚えた英語の量」こちらの動画の4分16分くらいから、暗唱したあとの効果を話されてます。
  • 「暗唱の効果が出るまでの道」とても参考になります。
  • 「石渡誠 3ヶ月英語脳育成・英英辞典活用法」こちらは講演の様子です。英英辞書の使い方、必要性などをわかりやすく話されてます。

石渡誠氏は、英語学校を経営されています。

とても行きたいと思いましたが、独学で英語を話せている方もいるので、私も独学である程度までは行きたいと思います!

まだ分かりませんが、基礎をある程度固めた後に、ブラッシュアップのためにオンライ英語学校を試してみようと思います。(無料トライアルは以前経験済み)

最後に齋藤兼司著書の「留学しないで英語の頭を作る方法」を紹介します

たまたま書店で手にした本で、これも他の2つと同じく「英語を英語のまま理解する」という事が書かれていて、自身もそのようにして英語のスキルを身につけられたようです。

お子さん3人もバイリンガルのようで、その経緯にも触れています。

この本の特徴は、「学習方法」はもちろん、「どのタイミングで何を勉強したら良いのか」がわかるタイムテーブルが載っている事と、「おすすめの教材」などが紹介されている事です。

この著書で紹介されていたのが、Just Look’n Learn English Picture Dictionary」でしたので、早速購入しました。

とても参考になる本です。

これらの本や動画を参考にすると、不思議と希望が持てますし、これこそ「王道」な勉強方法というか、英語を理解する方法なのでは?と思います。

Amazon.co.jpアソシエイト

洋書の多読、洋画や海外ドラマで英語に触れようと思ったキッカケのサイト。

この3つのサイトは皆さんご存知だと思います。

「めざせ100万語!多読で学ぶSSS英語学習法」は、「洋書の多読」というものを定着させたと思います。 

このサイトでは、掲示板があり、参加者が100万語に達成するまで励まし合っている模様が手に取るようにわかります。

とにかく、洋書の多読をレベルの易しいのからどんどん読んでいく事を提唱され、松本亨氏と同じです。

「100万語に達成したら話せるのか?」など議論があるようですが、「話す」という事は洋画や海外ドラマで補えばいいわけで、英文を読む事により英単語や、その英単語を使った表現に慣れ親しみ、英文法にも無意識に強くなっていく。。。という事が私にはぴったりでした。

この理念に出会い、洋書を読む事にしました。

「英英辞書を使う」というところで度々書いてますが、洋書を沢山読む事で英単語に強くなりたいと思います。 同じ英単語でも前後の文章でニュアンスが変わってくるという事も徐々に馴れるでしょうし。

「シットこむで笑え!海外ドラマ「フレンズ」英語攻略ガイド」は、南谷三世さんのサイトですね。

著書も多く出版されてます。

本当に地道に大人気海外ドラマの「フレンズ」の中から、気になる、為になるセリフなどを分析してブログにアップされてます。

海外ドラマを通じてTOEIC高得点を獲られていらっしゃって、とても参考になりまりた。

「TOEIC&英会話学習*英語学習お助けサイト」Romyさんのサイト。

こちらのサイトで初めて海外ドラマを使った勉強法を知って「これだ!」と思いました。

ただ、私の場合は、南谷さんとRomyさんと違って、松本氏や、石渡氏、齋藤氏の本と、下に紹介しているインタビュー記事に出会ってから、最初から日本語字幕を全く見ないで、まず、英語だけで海外ドラマを何度も観て、そして音声を持ち歩いて一定期間ヒアリングする事に決めました。

※ 南谷さんのやり方にしました! 日本語字幕・日本語音声を知る事も大変面白く為になります。(2018.1.18)とにかくこれも気分で!

macが壊れたのですが、やっと購入できたので書き溜めていた記事をアップしていこうと思います。 「4000  Essential Engli...

絵本など、洋書の音声が聴きたいと思った時の朗読動画サイト

どれも、海外の絵本や本を朗読してくれるサイトです。

たまに洋書を読んでいると、やはり音声も聴きたくなります。

そんな時に、これらのサイトをチェックするととても音声も字幕もあって一石二鳥です。

面白いのは「Storyline OnlineーWhere Reading Is Fun!」では、ハリウッドの俳優たちが朗読してくれる事です。

ただ、個人的には洋書の文字をしっかり確認しながら読む方が、頭に入る気がします。なので、これらの動画はヒアリングになれるためと割り切り、やはり紙媒体の洋書を読むことに重きを置いた方がいいと思います。

英語脳は大人になっても作れる!と確信した科学者の論文。

よく、子供の時から英語に触れないとバイリンガルになれないなどと言われてますが、以下の記事に書いたように、脳神経外科医であり、日本医学英語教育学名誉理事でもある植村研一氏が、大人でもバイリンガル、則ち「英語脳」になれると証明した論文を読んで、非常に希望が持てました。

やはり、英語を英語で理解するようにし、日本語を介さ無い方がいいと結論付けてます。

やっぱり! と言う感じです。 何が? ブログタイトルにあるように「大人になっても英語脳が作れる」という事が本当だったんだ!という事です。 ...

本についてはまた詳しく記事にしたいと思います。

フォニックスで発音と綴りのルールを知ると便利!

  • 英語教育のmpi(日本に初めてフォニックスを紹介した松香洋子さん主催の英語学校のサイト)

ここ最近、フォニックスについての本が書店に並ぶようになりました。ですので、ご存知の方もいらっしゃると思うのですが、絶対にフォニックスの勉強は初期段階からやっていった方がいいです!

常日頃、「英語の発音と綴りの関連付けが解らない」と悩んでました。

「どうしてこんな綴りなんだろう?」と。

そんな時に「フォニックス」を知り、納得しました! 「ルールがちゃんとあるのね」と。英語圏の子供達はじっくりとこのルールを勉強するようです。しかも何年もかけて。

フォニックスの本は本場の洋書もあるのですが、発音については多いですが、綴りとの関連付けについてあまり良いものはありませんでした。たまたまかもしれませんが。。。

そこで、私は松香洋子さん著書をオススメします。発音する際の口元のイラストや注意するべき点などが書いてあって視覚的にも参考になるからです。

私は、海外のフォニックスのテキストを1つシリーズで購入しています。

ですが、より綴りに関連付けたテキストが欲しかったので改めて「日本初!フォニックスの認定『mpiフォニックス認定(R)』というテキストを購入しました。日本橋の大丸書店に売っていたのですが、Amazonではないので、書店か、mpiの公式サイトから購入するのをおすすめします。

とにかく、絶対にフォニックスは英語の勉強と並行して初期段階から取り組んだ方がいいです。
Amazon.co.jpアソシエイト

色々と紹介してきました。

とにかくシンプルです! 改めてまとめてみます。

  • 日本語を介さないで海外ドラマや洋書などを観たり、読んだりする。(時と場合によっては日本語字幕で見たり英和辞書を使うが、あくまでも英語は英語のままでが主体)
  • まず、音声から入れる!(海外ドラマ、洋画も英語字幕を表示しない)
  • 初期段階からフォニックスを取り入れる。
  • 英単語帳をレベルに合わせていくつも用意するくらいなら英英辞書を初心者の時から使う。その際に、ネイティヴの子供達用のオールカラーの英英辞書と普通のレベルのネイティヴ向けの英英辞書を用意する。
  • 英単語などを都度、暗記しない。(もちろん、洋書・海外ドラマ・洋画は別に同じものを繰り返さなくても、どんどん新しいのを観たり、読んだりするのでもいいと思います。重要な単語はどんな場面でも使われているでしょうから。ちなみにBBCのラジオを聴いていると何度も何度もcorrespondという単語を聴きます。ここの部分は臨機応変に。)
  • 音声から入る事を数ヶ月したら、ディクテーションは必ずする。
  • 海外ドラマ・洋画などのセリフをブツブツ言い暗唱してみる。(1話全てを暗唱するか、気になったセリフだけかは、その都度でいいと思います。とにかくジャンルに関係なくどんどん観ることに重きを置きたいと思います。
  • 英文法は勉強しない。するなら話すための英文法で洋書の英文法教材で。(気なった部分だけをEnglish grammar in useなどのでサクっとチェック!)

以上です。

その過程で、youtubeを利用したり色々とすればいいと思います。

書籍などについては、改めて紹介する記事を書きたいと思います。

関連記事

今日の英語の勉強<5>-ディクテーションがあともう少しで終わる!

英語多読④「Stuck in the Mud」他。フォニックス&ディクテーション

洋画や映画のセリフや英作例文を書き留めるオススメA5ノート!

英語の時制をじっくり勉強中。ネイティブの感覚を知りたい!

英語脳へのヒント!松本亨著「これをやさしい英語で何というか?」

英語多読②「Look Smart」「Wet Paint」をreading